logo

「ポニョ」公式サイト、ジブリ史上最高の約100万人が訪問

鳴海淳義(編集部)2008年08月26日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは8月26日、2008年7月のインターネット利用動向調査データを発表した。7月に公開された映画「崖の上のポニョ」の公式サイトへの訪問者が99.5万人となり、スタジオジブリ作品の映画サイトとして過去最高となったことがわかった。

 また同サイトが置かれているスタジオジブリの公式サイトも112.3万人で、前月(11.4万人)の約10倍と急増した。2004年11月公開の「ハウルの動く城」公式サイトには70.1万人、2006年7月公開の「ゲド戦記」公式サイトには44.4万人がそれぞれ公開月に訪問しているという。

ネットレイティングス 「スタジオジブリ」および関連映画サイトの訪問者数推移(2004年4月〜2008年7月、家庭のPCによるアクセス)

 崖の上のポニョ公式サイト訪問者の内訳は女性が57%で、年齢別では30代(34%)、40代(29%)の比率が高い。2008年上半期に公開された「相棒-劇場版-」の公式サイト(最多となった5月の訪問者数31.1万人)は男性比率が高く、40代以上が過半数を占めた。

 一方、6月末に公開された「花より男子ファイナル」(7月の訪問者数57.6万人)は85%が女性で、19歳以下が38%を占めた。

ネットレイティングス 主要映画公式サイト訪問者の性別・年齢別構成比 (家庭のPCによるアクセス)

 「『相棒-劇場版-』の興行収入は44億円、『花より男子ファイナル』は約70億円、『崖の上のポニョ』は約100億円となっており、劇場での観客動員数と映画公式サイトの訪問者数との間には一定の相関もみられるようだ」と、ネットレイティングス代表取締役社長兼ニールセン・オンラインチーフアナリストの萩原雅之氏はコメントしている。

-PR-企画特集