logo

S・ウォズニアック氏:「エンジニアは自分の心に従って行動すべき」--IDFインタビュー

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年08月27日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Steve Wozniak氏は堅実なエンジニアとしてキャリアをスタートさせたが、Appleの共同設立者である同氏は、時には理想を追い求めることも大切だと主張した。

 当地で開催されたIntel Developer Forum(IDF)の一環で行われた、Tech NationのMoira Gunn氏とのオンステージインタビューで、Wozniak氏は、エレクトロニクスとコンピュータへの情熱に突き動かされた人生について語った。そして、情熱は金よりも重要な動機になることがあると述べた。

 「報酬は頭の中にある。その報酬は目に見えない。自分の好きなことこそが報酬だ」とWozniak氏は述べた。同氏は、「Apple I」と、商業的に成功した後継機「Apple II」を設計したが、その大半は空き時間を利用したものだった。

 Wozniak氏は、絶好の状況とタイミングに恵まれた。同氏がコンピュータを設計した時代は、エレクトロニクスが高性能化の途上にあった反面、まだ単純さが残っていたため、1人の優秀な人物がすべての設計を担当できたのだ。同氏は、新しい技術に関心を持つ少数の仲間たちに出会い、同じ考え方を共有して、初のパーソナルコンピュータを作り上げるに至った。彼らもまた、情熱に突き動かされた人々だった。

 「わたしたちは、コンピュータによって教育が改善され、コミュニケーションが高まり、多くの仕事を成し遂げられるようになることを夢見ていた。仲間の多くはそのことを理解していた」。とはいえ、彼らの構想は、今日のブロードバンドで接続されたインターネットの域に達してはいなかった。「わたしたちが取り組んでいたのは、いかにしてコンピュータを作り上げるかではなく、いかにして家庭に合ったコンピュータを作るか(を見つけ出すこと)だった。価格、外観など、さまざまな要素があった。わたしたちの情熱はさらに高まった。わたしたちはあらゆる場所で『革命』という言葉を使っていた」

 「Segway」のファンで「iPhone」のユーザーでもあるWozniak氏のそのほかの見解は以下の通り。

  • 3目並べのマシンなど、「10歳のときに、先進的なコンピュータを設計していた。本当にコンピュータが好きだった。コンピュータそのもの、1と0、ロジック、コンピュータの計算方法が大好きだった」
  • 「ときにリソースが足りなくなることがあるが、こういう場合、もっといい仕事をしなければならない」。Appleの論理回路の設計では、「オンラインのタイムシェアコンピュータシステムを利用するだけの金銭的な余裕がなかったため、1と0を書き留め(て、コンピュータの演算をシミュレートし)なければならなかった。すべて手作業で、コンピュータは1度も使わなかった」
  • Wozniak氏は決してほかのコンピュータ設計の詳細を参照しなかった。自分でテクノロジを設計することにより、エレクトロニクスからできるだけ多くの性能を引き出すためのさまざまな方法を考案した。「そうした方法の中には、どんな本にも載っていない、非常に変わったものもあった」
  • Wozniak氏の人生の夢はHewlett-Packard(HP)で一生働くことで、カリフォルニア大学バークレー校を卒業する前に仕事を得て、キャリアをスタートさせた。「わたしはHPで電卓を設計する仕事を得た。とても幸運だった。設計ができたため、HPの面接を受けて採用されたが、当時、学位は持っていなかった」

-PR-企画特集