「Android」搭載携帯電話の発売は11月の可能性--FCCの承認で明らかに

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年08月19日 07時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)は、HTCの「Dream」ブランドの携帯電話を正式に認可した。Googleの「Android」ソフトウェアを搭載した初の携帯電話は、2008年11月に発売となる見込みである。

 Engadgetは、HTCの「DREA100」携帯電話が、FCCの無線テストに合格し、米国内での販売が承認されたと伝えている。Dreamブランドの携帯電話を提供する通信キャリアは、T-Mobile USAとなる予定である。Dreamには、「BlackBerry」に搭載されているような「ジョグボール」が、メインコントローラとして採用されそうだ。

 FCCのホームページ上で提供されている、他のドキュメントを分析すると、FCCに対して、添付のアプリケーションに関する守秘義務を、11月10日まで求める内容があることから、VentureBeatは、T-Mobile、HTC、Googleの3社が、この日付をDreamの発売日に指定していると伝えた。The New York Times紙は先週、(Dreamの)発売が10月になるとの報道を出していたものの、FCCに対して、発売後12時間もしない間に、分解して詳細のレビューが伝えられる携帯電話の情報に、1カ月間の守秘義務を要請するのは、あまり意味が無いように感じる。

DREA100画像 提供:FCC

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加