NTTドコモの子会社「グアムセルラー」が3Gサービスを開始--順次グアム全島へ

松田真理(マイカ)2008年07月31日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは7月31日、同社の100%子会社であるGuam Cellilar & Paging(グアムセルラー)がグアムにおいて、W-CDMA方式を用いた3Gサービスの提供を開始したことを発表した。

 グアムセルラーは、グアムで3Gサービスを提供する初の事業者になる。グアム空港、および日本からの渡航客が多いタモン地区を中心としたエリアからサービスを開始し、順次全島に拡大する予定だ。

 利用可能な機種は、SH905iTV、SH906i、F906i、SO906i、N906iμ、SH906iTV、NM705i、NM706i(発売予定)、hTc Z、HT1100の3G 850MHz対応海外ローミング対応端末で、サービス開始当初は、音声通話とパケット通信のみ利用できる。今後、8月をめどにテレビ電話サービスも提供する。なお、hTc ZおよびHT1100では「iモード」は利用できず、hTc Zはテレビ電話非対応となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加