シャープ、コンテンツを自由に追加できる新カラー電子辞書「Brain」シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月28日、新開発の5型高精細HVGAカラー液晶を搭載し、専門辞書や図鑑、実用書など好みのコンテンツを専用サイトからダウンロードして使用できるカラー電子辞書「Brain(ブレーン)」を8月20日より発売すると発表した。本シリーズより電子辞書の新しい商品ブランド名として「Brain」を採用し、「カラーで楽しむ、学ぶ、発見する」新カラー電子辞書としてシリーズ展開するとしている。

 発売されるのは、100コンテンツ収録の「PW-AC880」と40コンテンツ収録の「PW-AC830」の2機種5モデル。高精細の5型HVGAカラー液晶を搭載し、画像や図表などをカラー液晶ならではの色鮮やかな表示で楽しめる。独自の省電力化設計と大容量バッテリの採用により、従来のシャープ製カラー電子辞書「Papyrus(パピルス)PW-TC930」と比べ、約3倍の80時間連続表示を実現した。

 また今回新たに、コンテンツダウンロードサイト「ブレーンライブラリー」を開設。ブレーンライブラリーからコンテンツをPCにダウンロードし、PCと本機をケーブルで接続して転送することで、欲しかったコンテンツを自由に追加できる。コンテンツには、語学などの専門辞書や実用書をはじめ、対話型で楽しく学べるドリル系のアプリケーションソフトも取り揃えた。

 さらに、独自の機械翻訳技術を応用し、入力した日本語のキーワードから海外に行ったときに使用頻度の高い会話文(英語、中国語)を検索して発音する「会話アシスト」機能を搭載。海外旅行など幅広いシーンで、コミュニケーション補助ツールとしても活用可能だ。

 PW-AC880は、本体カラーがクリアシルバーとノーブルブラック、ワインレッドの3色で、店頭想定売価は4万5000円前後。また、PW-AC830の本体カラーはクリスタルホワイト、コズミックブルーの2色で、店頭想定売価は4万円前後となる。

カラー電子辞書「Brain」 (上)「PW-AC830」左から、クリスタルホワイト、コズミックブルー
(下)「PW-AC880」左から、クリアシルバー、ノーブルブラック、ワインレッド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加