商品の価値がわかる人に向けたECサイト「isola」がオープン

西田隆一(編集部)2008年07月18日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットでの通信販売、いわゆるEコマースというビジネスでは、一般に商品の価格が最終的に購買者の決定を促すという傾向にある。

 しかし、現実にあるリアルの店舗での買い物はそれだけではなく、買うまでのプロセスを楽しむ、つまり、商品に対しての価値をその場で理解しながら最終的に購買まで至るというような、買い物そのものが楽しみと化している場合もあるはずだ。

 たとえば、情報が氾濫している商品やスペックだけで決まる商品――パソコンだとかDVDだとか――に関しては、価格の安いところで買ったほうがお得だ。だが、お店に行ってはじめてその商品について知る、店員からその商品の説明(ウンチクとも言うが)を聞く、最終的にはその商品の価値について納得して買ってしまうなんてことはよくある話だ。ややさげすんだ表現かもしれないが、「価値=違いがわかる」を商品の購入によって得ることで、自己満足に至ると言えるかもしれない。

 高級店やセレクトショップなどで買い物する場合には、こんな光景がほとんどだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加