シグマA・P・O、ラバーコーティング仕上げのデザインキーボード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シグマA・P・O システム販売(菅野高吉社長)は7月8日、ラバーコーティング仕上げのデザインキーボード「EIPH108シリーズ」3モデルを、7月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4980円前後の見込み。カラーは、レッド、ホワイト、ブラックの3色。

 縁をかたどるゴールドラインと、上質でマットなラバーコーティングを施したデザインキーボード。薄型パンダグラフ・キーを採用し、耐久性に優れ、浅いキーピッチでも適度な弾力感と快適な打鍵感が得られる。

  www、E-mail、Search、Volume(DOWN)、Volume(UP)、Mute、Playの操作がワンタッチで行える7つのホットキーを装備。また、本体の裏面に角度調節用のスタンドがついている。また、USB2.0ハブを2ポート搭載した。本体サイズは、幅438×奥行き170×高さ 28mm、重さ約830g。対応OSはWindows Vista/XP/2000。

シグマA・P・O システム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/
「EIPH108シリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加