logo

「Windows XP」最後の日--Windowsのこれからを考える - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年07月03日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The New York Timesは6月29日、この件に関するおもしろい記事を掲載した。記事では、Microsoftも他のOSのアプローチについて考えていることを示唆する、Microsoft内のさまざまなプロジェクトが提示されている。

 同記事では、Microsoft Researchの「Singularity」プロジェクトから、Windowsチームが開発したがWindows 7では使われない軽量カーネル「MinWin」まで、これまでにNews.comでも取り上げたプロジェクトについて述べている。

 しかし、Timesの記事で指摘された問題点は重要だ。Linuxを搭載したコンピュータがローエンドに進出し始め、Appleがハイエンドでシェアを獲得し続けている中、Microsoftは本当に従来通りのビジネスをする余裕があるのだろうか。

 Steve Ballmer氏は、Windowsのリリース間隔が5年になることは二度とないと断言している。しかし、Windows 7が予定通りにリリースされると仮定すると、Windows 7とVistaのリリースの間隔は3年となり、中身に大きな変更のないリリースになることに注意しなければならないと思う。

 とにかく、Windowsの大幅な変更はますます難しい問題になっているようだ。おそらく、いつかMicrosoftは、Appleがこれまでに「Macintosh」で3回行ったこと、すなわち中身を大幅に変更し、何らかの互換性レイヤを使って、これまでのバージョンとのつながりを維持することを検討しなければならないだろう。

 あなたはどう思うだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]