マスプロ電工、アナログTVでデジタル放送が受信できるデジタルチューナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マスプロ電工(瀬尾英重社長)は、アナログテレビで地上・BS・110度CSデジタル放送を受信できるデジタルチューナー「DT35」を7月16日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は2万6000円前後の見込み。

 テレビとビデオデッキに接続するためのコンポジット端子を2系統装備しており、アナログテレビでデジタル放送を視聴できる。D1-4対応のD端子も備えており、D3端子以上を備えたハイビジョン(HD)対応テレビであれば、デジタル放送をHD高画質で楽しむことができる。

 「画面拡大機能」を搭載。テレビが4:3の標準タイプでも、映像に黒い額縁が表示されることなく、デジタル放送を楽しめる。デジタル放送の特長であるテレビ番組表(EPG)やデータ放送にも対応する。

 付属のリモコンはボタン配置や大きさを考慮して使い勝手を高めた。機能を設定するときなどに使用する「操作エリア」と、テレビを選局するときなどに使用する「選局エリア」の大きく2つに分け、スムーズな切換操作をできるようにした。デジタル放送3波の各放送を直接切換が可能な放送切換ボタンを搭載した。

 縦置き・横置きの両方に対応し、横置き時のサイズは、高さ60×幅241×奥行き166mm、重さは約810g。

マスプロ電工=http://www.maspro.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加