東芝、フルHD対応の映像専用プロセッサ「SpursEngine」を搭載したAVノートPC

エースラッシュ2008年06月23日 21時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は6月23日、自社開発のQuad Core HD Processor「SpursEngine SE1000(SpursEngine)」を搭載したAVノートPC「Qosmio G50」シリーズと「Qosmio F50」シリーズ、最新グラフィック機能を搭載した「dynabook Qosmio FX」を7月下旬より発売すると発表した。

 SpursEngineは「Cell Broadband Engine」のアーキテクチャをベースに独自開発したコプロセッサで、4つのSPE(Synergistic Processor Element)とフルハイビジョン対応のハードウェアコーデックを内蔵する。画像処理をSpursEngineが担うことで、CPUに負荷をかけることなく高速な処理が可能となる。今回発売されるQosmio G50シリーズおよびF50シリーズは、このSpursEngineを搭載したAVノートPCだ。

AVノートPC「Qosmio G50シリーズ」 AVノートPC「Qosmio G50シリーズ」

 SpursEngineの導入により、SD画質の映像をリアルタイムで画素補完しHD解像度に変換する「アップコンバート(高画素化変換)機能」、H.264圧縮で従来比約8倍の録画が可能な「地デジ8倍録画機能」、ダビング作業時間を約半分に抑えられる「倍速ダビング機能」などを実現する。

 また、映像のシーン検索が簡単に行える「顔deナビ機能」では、出演者の顔をインデックス化した「顔サムネイル表示」、番組のシーンを一定間隔ごとにインデックス化した「シーンサムネイル表示」、映像の盛り上がりシーンを歓声や音量のレベルで表示した「音量レベル表示」から、見たいシーンを簡単に探し出せるという。さらにウェブカメラ付きのQosmio G50シリーズでは、手や指の動作を画像認識して映像の再生、一時停止、早送りなどの操作が行える「ハンドジェスチャリモコン機能」も装備する。

 18.4型ワイド液晶搭載のQosmio G50シリーズは、500Gバイトのハードディスク(HDD)を採用した「G50/98G」と、200GバイトのHDDを採用した「G50/97G」の2種類。15.4型ワイド液晶搭載のQosmio F50シリーズは、200GバイトのHDDを備えた「F50/88G」のみとなる。価格についてはいずれもオープンだ。

  • Qosmio G50/98G(店頭想定売価:33万円台半ば)
  • Qosmio G50/97G(店頭想定売価:29万円台半ば)
  • Qosmio F50/88G(店頭想定売価:25万円台半ば)
「Qosmio F50シリーズ」 「Qosmio F50シリーズ」

 dynabook Qosmio FXシリーズは、グラフィックアクセラレータにDirectX 10対応のNVIDIA GeForce 9600M GTを搭載したノートPCだ。15.4型ワイド液晶搭載の「FX/77G」では、2Gバイトメモリや200GバイトのHDD、IEEE802.11b/g/n ドラフト2.0準拠のワイヤレスLAN機能などを装備している。なお、こちらも価格についてはオープンとなっている。

  • dynabook Qosmio FX/77G(店頭想定売価:20万円代半ば)
最新グラフィック機能を搭載した「dynabook Qosmio FX」 最新グラフィック機能を搭載した「dynabook Qosmio FX」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加