フォトレポート:いま、そこにある家庭用ロボット - 8/15

永井美智子(編集部)2008年06月19日 11時34分
 同じ恐竜でも、こちらは小型だ。米Ugobeが開発し、国内ではビジネスデザイン研究所が販売する「PLEO」。接し方によって態度や感情が変化する、生き物のようなロボットだ。口にくわえた葉を取ろうとすると抵抗するそぶりをみせる。価格は5万2500円。
Scroll Right Scroll Left

 同じ恐竜でも、こちらは小型だ。米Ugobeが開発し、国内ではビジネスデザイン研究所が販売する「PLEO」。接し方によって態度や感情が変化する、生き物のようなロボットだ。口にくわえた葉を取ろうとすると抵抗するそぶりをみせる。価格は5万2500円。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]