logo

松下、ミニコンポ「D-dock」に新製品--SDへ最大8倍速録音を実現

エースラッシュ2008年06月06日 19時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は6月6日、CDからSDカードへ最大8倍速録音ができるミニコンポ「D-dock SC-NS570SD」を6月20日より発売すると発表した。

 SC-NS570SDは、CDからSDメモリーカードへ最大8倍速で録音できるミニコンポだ。ユニット部、スピーカー部はともに高さ184mmのコンパクトボディを採用。CD、SDカードでの音楽再生が行えるほか、FM/AMチューナーも備えている。

 AAC音源の高域信号を補完する「SDオーディオ リ.マスター」や低域部分を仮想再生する「H.BASS」など、圧縮音源を高音質で再生する機能に加え、デジタルプレーヤー「D-snap SV-SD870N/SD950N」との接続により、充電や曲の続き再生に対応する。さらに別売のBluetooth対応ワイヤレスオーディオキット「SH-FX570R/FX570K」を使えば携帯電話やパソコンの音楽を聞くことも可能だ。

 センターユニット部のサイズは高さ184mm×幅212mm×奥行き300mmで、重量は約3.45kg。スピーカーはバスレフ型の8cmコーンタイプを採用しており、サイズは高さ184mm×幅127mm×奥行き228mm、重量は約1.4kg。価格はオープンだが、店頭想定売価は3万円前後になる見込みだ。

D-dock「SC-NS570SD」 D-dock「SC-NS570SD」

-PR-企画特集