フォトレポート:発掘で明らかになったストーンヘンジの謎 - 6/6

文:Jennifer Guevin(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年06月05日 07時00分
 この地図には、ストーンヘンジ周辺のより広範囲な地域、イングランドのソールズベリー近辺までが掲載されている。研究者たちの主な説によれば、(考古学者たちが複数の住居を発掘した)ダーリントンウォール近辺の集落はある季節に限って人が住むために造られ、一方、ストーンヘンジは死者をまつるために造られたという。ダーリントンウォールに近い場所にあるウッドヘンジは、木で造られている点を除けばストーンヘンジに非常によく似た遺跡だ。また、このプロジェクトでは、ストーンヘンジのカーサス(ストーンヘンジを囲む、全長2マイル(約3.2km)ほどの2本の平行な溝)が、紀元前3630年〜3375年にさかのぼることが判明した。
Scroll Right Scroll Left

 この地図には、ストーンヘンジ周辺のより広範囲な地域、イングランドのソールズベリー近辺までが掲載されている。研究者たちの主な説によれば、(考古学者たちが複数の住居を発掘した)ダーリントンウォール近辺の集落はある季節に限って人が住むために造られ、一方、ストーンヘンジは死者をまつるために造られたという。ダーリントンウォールに近い場所にあるウッドヘンジは、木で造られている点を除けばストーンヘンジに非常によく似た遺跡だ。また、このプロジェクトでは、ストーンヘンジのカーサス(ストーンヘンジを囲む、全長2マイル(約3.2km)ほどの2本の平行な溝)が、紀元前3630年〜3375年にさかのぼることが判明した。

提供:National Geographic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]