フォトレポート:発掘で明らかになったストーンヘンジの謎 - 3/6

文:Jennifer Guevin(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年06月05日 07時00分
 今回のプロジェクトでは、古代の隣村の発掘も行われた。考古学者たちは、ストーンヘンジから2マイル(約3.2km)ほど離れた場所にあるダーリントンウォールの住居を発掘した。住居からは、石器、飾りピンのかけら、がれきなどが見つかった。また、ベッドやタンスの形跡、楕円形の暖炉跡も見つかった。
Scroll Right Scroll Left

 今回のプロジェクトでは、古代の隣村の発掘も行われた。考古学者たちは、ストーンヘンジから2マイル(約3.2km)ほど離れた場所にあるダーリントンウォールの住居を発掘した。住居からは、石器、飾りピンのかけら、がれきなどが見つかった。また、ベッドやタンスの形跡、楕円形の暖炉跡も見つかった。

提供:National Geographic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]