logo

フォトレポート:発掘で明らかになったストーンヘンジの謎

文:Jennifer Guevin(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年06月05日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最新の調査によれば、ストーンヘンジは500年以上もの間、墓地として使われていた可能性があるという。これは、これまで考えられていたよりもずっと長い期間だ。この新発見により、その特徴的な石(サルセン石)の配置が完了するずっと前から、埋葬場所として使われていたことも判明した。チームを率いたのはシェフィールド大学の考古学教授であるMike Parker Pearson氏で、ナショナルジオグラフィック協会の支援を受けて発掘が行われた。
Scroll Right Scroll Left

 最新の調査によれば、ストーンヘンジは500年以上もの間、墓地として使われていた可能性があるという。これは、これまで考えられていたよりもずっと長い期間だ。この新発見により、その特徴的な石(サルセン石)の配置が完了するずっと前から、埋葬場所として使われていたことも判明した。チームを率いたのはシェフィールド大学の考古学教授であるMike Parker Pearson氏で、ナショナルジオグラフィック協会の支援を受けて発掘が行われた。

提供:National Geographic

 最新の調査によれば、ストーンヘンジは500年以上もの間、墓地として使われていた可能性があるという。これは、これまで考えられていたよりもずっと長い期間だ。この新発見により、その特徴的な石(サルセン石)の配置が完了するずっと前から、埋葬場所として使われていたことも判明した。チームを率いたのはシェフィールド大学の考古学教授であるMike Parker Pearson氏で、ナショナルジオグラフィック協会の支援を受けて発掘が行われた。

-PR-企画特集