オプトリンクス、マイクロソフトオフィス専用ユーティリティ「Back to 2003」を無料配布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オプトリンクスは5月30日、同社が提供するサービス「オプトメディアライブラリ」に、マグノリアが販売中のソフトウェア「Back to 2003」シリーズを新たに加え、無料配布を開始した。

 オプトメディアライブラリは、ユーザーのPCへ直接配信する行動ターゲティング広告「アクトマッチ広告」の配信を条件に、ユーザーに無償でソフトウェアを提供するサービス。現在約700タイトルのソフトウェアが提供されており、約90万人のアクティブユーザーが利用している。

 マイクロソフトオフィスは、最新版である「Office 2007」より「リボン」と呼ぶ方式を採用してインターフェイスを大幅に変更している。しかしその影響で、従来の操作方法に慣れているユーザーからは「作業効率が著しく低下した」という声もあるという。

 Back to 2003は、マイクロソフトオフィス2007に、2003以前のメニューバー、およびツールバーを追加できる、マイクロソフトオフィス専用ユーティリティだ。ユーザーのカスタマイズにより、新旧のインターフェイスを併用することもできる。

 なおBack to 2003シリーズは、「Back to エクセル2003」「Back to ワード2003」「Back to パワーポイント2003」となり、それぞれオプトメディアライブラリにてダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加