logo

ウィルコム、次世代PHSの機器開発ベンダーにNECインフロンティアらを選定

松田真理(マイカ)2008年05月23日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは5月22日、2009年にサービスを開始する予定の次世代PHSについて、端末ベンダーとバックボーンのシステム開発ベンダーを選定したことを明らかにした。

 端末ベンダーは、ネットインデックスとNECインフロンティアを選んだ。ウィルコムによれば、次世代PHSの端末開発では小型化や低消費電力化が求められるため、現行のPHS端末開発で実績のある両社を採用したとのことだ。

 次世代PHSの仕様規格を制御する集積回路であるベースバンドIC(BBIC)は、Altair semiconductor、Wavesatおよびエイビットと共同開発する。ネットインデックス製端末にはAltair semiconductor製BBICを、NECインフロンティア製端末にはWavesatとエイビット製のBBICを搭載する。

 また、モバイルネットワークにおける接続制御、認証、位置管理を行うバックボーンシステムの開発ベンダーについては、世界各国の主要モバイルオペレーターへの導入実績があるスタレントネットワークスを選定した。

-PR-企画特集