広報成功のコツは、広報計画に「ストーリー性」を持たせること

藤原直美(未来予想)2008年05月23日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際に、ベンチャー企業における広報活動にはどのような種類があるのでしょうか。最初からあれもこれもとやろうとする必要はないと思いますが、今回は大まかにどのような種類の活動があるのかをまとめてみたいと思います。

広報計画はストーリー性が重要

 何はともあれ広報計画をたててみましょう。思いつきのようにプレスリリースを配信するといった広報活動をする会社もあるようですが、広報活動は計画をたてることが大切です。ただし、「年間○○回以上プレスリリースするぞ!」といった根拠のない計画はやめましょう。

 広報計画は、事業計画や投資計画をもとに設計します。そして、その計画に従って、まずは四半期単位でのアクションを抽出し、それをリリース予定日に落とし込みます。さらに、その四半期間には過去のリリースした商品やサービスの二次的なリリース、たとえば「会員数○○人突破」「△△△△キャンペーン開始」といった情報を出してみましょう。

 いずれにしても、投資計画や会社の重要指標をリリースにしていることになります。これによって、広報のリリース計画が事業進捗にリンクし、ストーリー性をおびてくるはずです。事業計画と投資計画があり、社長に1時間程度割いてもらえば、広報計画はすぐに紙にまとめることができます。難しい作業ではありませんので、必ず期首ごとに広報計画をつくり、四半期単位で見直し、補正をかけるというクセをつけていくべきだと思います。

プレスリリース作成

 プレスリリースとは、会社の広報ネタを、報道関係者向けに文章にまとめて公開するということになります(プレスリリースの具体的な書き方やサンプルは次回寄稿したいと思います)。

 このプレスリリースの文章は、会社として広報したい内容をわかりやすく説明し、さらに、会社の業績やビジョンに対してのストーリーの構築材料として印象づけなくてはならない非常に重要な素材となります。図表をはじめとして、インターネットのサービスであれば画面キャプチャー、商品であれば写真をいれるなどして、視覚的にわかりやすくすることも重要な要素です。

プレスリリースの配信〜アーカイブ

 そしていざプレスリリースの配信をするわけですが、プレスリリースは一体どこに配信すればよいのでしょうか。これは各媒体のリリース窓口ということになります。もちろん個別に記者や編集者に対して説明したりするのもよいでしょう。ただし、プレスリリースは、初めて世間にリリースする内容であることが大事です。すでにサービスインしている内容や新規性のないものはプレスリリースには向いていませんので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加