シンプルで美しい仕事術の最新版-- Microsoft Office 2008 for Mac - (page 7)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフト
内容:2005年6月、AppleがCPUアーキテクチャをPowerPCからIntelに「スイッチ」することを発表した際に、MicrosoftのMac関連製品を開発するMac BUは、Intel Macに対応したOfficeをリリースすることを明言した。これが実現された待望の新しいOfficeは、Windows版とも違う進化を遂げていた。

シンプルに美しく仕事をこなすMacらしいOfficeの誕生

 「シンプルにいこう」

 これはOffice 2008 for macのキャッチフレーズである。エレメンツギャラリーという新しいインターフェース、洗練されたグラフィクスエンジン、そしてデザインされたテンプレートを用意するなど、簡単な操作を追求している点で、このキャッチフレーズはとても共感できる。

 しかしWordのノート機能やSmartArtグラフィックスなど、使い方の工夫で非常に効率が上がったり、効率とは違うクリエイティブな価値を生み出したりする母体としてのポテンシャルもまた、非常に高いモノであることは、すぐに体験できることだ。

 Appleが送り出しているiLifeやiWorkは簡単な作業で美しいモノをアウトプットできるお膳立てをして、創意工夫というクリエイティビティを引き出そうという思想が見て取れる。今回のOffice 2008 for macでは、その創意工夫を引き出すソフトウェアデザインを、ビジネスの現場に持ち込もうとし、それに成功している。

 Windowsからスイッチしたユーザーも、今までの経験で簡単に使うことができる上で、そのクリエイティビティが引き出されるMacらしさを体験するにはぴったりな、そして非常に導入しやすいソフトウェアである。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]