logo

「iPhone」3Gモデル、60日以内に発売か--WSJコラムニストが明らかに

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年04月08日 06時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かの有名なWalt氏は、「iPhone」の3Gモデルが、今後60日以内に発売されると考えている。

 Wall Street Journalの伝説的テクノロジコラムニストであるWalt Mossberg氏は、Beet.tvが先週主催したエグゼクティブサミットの席上で、今回の予測を明らかにした。何らかの理由で、Mossberg氏の論評は、特に注目を集めないまま週末が過ぎた。おそらく同氏の演説に関する投稿タイトルが「Walt Mossberg氏、Verizon DSLは『ブロードバンド』と評されるべきでないと、米連邦取引委員会(FTC)に要求」となっていたためだろう。

 Mossberg氏の演説の大半が、米国内のブロードバンドネットワークは、世界の他の地域と比較して、いかに不十分な点が多いことか、そして、この問題が、どれほどインターネット上の動画配信事業に影響を及ぼしているかに関するものであった。しかしながら、この演説クリップの中で、Mossberg氏は6時30分頃に、ワイヤレスブロードバンドとiPhoneについて語り始める。Mossberg氏は、すでにiPhoneが、iPod対応機能により、かなり高品質の動画エクスペリエンスを提供している点に言及してから、iPhoneには3Gモデルがないとの懸念を一掃するため、「iPhoneは、60日以内に3G対応となる」と言ってのけた。

 Mossberg氏は、Appleの重要製品へ早期にアクセスできる、特別に選ばれたグループの人々の中に名を連ねており、2007年6月に出された初期モデルのiPhoneにおいては、初のレビューを発表した人物でもある。それゆえにMossberg氏は、iPhoneの次期モデルのレビューが、いつ頃の発表となるのかを知る上で、おそらく最も良い位置に立っていると言えよう。

 AppleのWorldwide Developers Conferenceは、ちょうど今から60日ほど先に開催され、まるでそのためにあるかのようだが、この3G iPhone発売の噂も、いよいよ現実味を帯びてくる。とはいえ、新モデルの発表と、実際の発売までの間にギャップが生じるならば、販売中のモデルの需要が大きく低下する可能性があるため、Appleは、3G iPhoneの発表方法には細心の注意を払わねばならないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集