MS元幹部J・オールチン氏、「Vista Capable」ロゴ裁判で証言か

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年03月26日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Vista Capable」ロゴプログラムに関連して同社が訴えられている裁判で、原告側が複数のコンピュータメーカーと小売店に証言を求めている。そして、このなかにWindowsの責任者であったJim Allchin氏が含まれていることが明らかになった。

 Seattle Post-IntelligencerのTodd Bishop氏が投稿した米国時間3月25日付けのブログによれば、原告側は、Acer、Dell、Hewlett-Packard、IBM、ソニー、東芝、さらに小売店のBest Buy、Circuit City、Costco、OfficeMax、Wal-Martを召喚したという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加