日本エイサー、16:9比率の液晶搭載AVノートPC発表。14万円前後〜

坂本純子(編集部)2008年03月25日 21時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは3月25日、16:9比率の液晶パネルを搭載したノートPC 「Aspire 6920 Gemstone Blue」シリーズを4月25日より発売すると発表した。全モデルインテル Core 2 Duoプロセッサ搭載で、価格は14万円前後〜21万円前後の見込み。

Aspire 6920 Gemstone Blue Aspire 6920 Gemstone Blue

 16インチワイド液晶を搭載し、ハイビジョンテレビと同じ比率の16:9を採用しているのが特徴だ。また、ドルビーがサラウンドの技術協力を行い、ステレオ音声をサラウンドに拡張して再生するバーチャルな5.1chサラウンドに対応した。ドルビージャパンの営業部シニアマネージャであるBen Ting氏は、「単にソフトをインストールするだけではない。技術者を派遣し、エイサーPCのためにテクノロジーのチューニングをしてきた」と品質へのこだわりを語った。

青く光るメディアコンソール部分 青く光るメディアコンソール部分

 全モデルHDMIを搭載。最上位モデルでは、Blu-rayドライブを搭載している。重さは3.5Kgで、“持ち運べるホームシアター”として、主にコンシューマ向けに販売していきたい考えだ。プライベートな時間だけでなく、ビジネスでも使えるPCとして指紋認証にも全モデルが対応している。バッテリー駆動時間は、約2.3時間。

 ボディはピアノブラック。ボリュームの調節など、パネル操作で行える「メディアコンソール」部分と、ヒンジ部分は、青いイルミネーションが浮き立つ。同社によれば、ブルーは世界22カ国でもっとも好まれる色とされており、ブルーを選んだという。

青く光るヒンジ部分 青く光るヒンジ部分

 エイサーは、1976年に台湾で設立。2007年8月にゲートウェイを7億1000万ドルで買収し(参照記事)、世界第3位のPCメーカーとして、ブランディングに注力している。世界のノートPC市場では2位にランクしたという。  欧州ではトップブランドとして展開しているが、ライフスタイルを強化するPCの投入で、アジアでのシェアを拡大したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加