ダイヤモンドパネル搭載で高コントラスト--三菱電機、液晶テレビ「REAL」に新シリーズ

加納恵(編集部)2008年03月18日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は3月18日、液晶テレビ「REAL」に「MZW100」シリーズと、「MX10」シリーズの2シリーズの新製品を発表した。

 両シリーズともに、テレビのリモコンで同社のBlu-rayレコーダー、デジタルレコーダーの操作が行える「REALINK」機能を採用。テレビで視聴中の番組をリモコンボタン1つで録画できる「一発録画」やテレビ画面を一時停止できる「ポーズ機能」などを設けている。

 REALシリーズの最上位ブランドとなるMZW100シリーズには、40型、46型、52型の3サイズを用意。全機種すべてに1920×1080ドットのパネルを搭載したフルHDモデルとなる。価格はオープン。5月10日より発売される。

 フルHDパネルには、光沢コートを施した独自の「ダイヤモンドパネル」をさらにブラッシュアップさせた「新ダイヤモンドパネル」を採用。コントラスト比を従来の2000:1から3000:1へと引き上げ、黒の表現力を強化した。

 音質面では、内蔵スピーカーのみでサラウンド再生が行える「DIATONEサラウンド5.1」機能を内蔵。独自のサラウンド回路を組み込むことにより、5.1ch機能のほかに、ステレオ音声よりも広がり感を出す「DIATONEサラウンド2.0」、通常の2chヘッドホンで5.1chサラウンドを再現する「DIATONEサラウンドHEADPHONE」機能なども備えている。

 本体デザインは、ベゼル部の幅を抑えたスリムフレームデザインを採用。リモコンによるオートターン機能も装備している。

  • LCD-52MZW100(52型、店頭想定売価:50万円前後)
  • LCD-46MZW100(46型、店頭想定売価:40万円前後)
  • LCD-40MZW100(40型、店頭想定売価:30万円前後)

 MX10シリーズには、32型と20型の中小型サイズをラインアップ。20型にはブラック、シルバー、ピーチのカラーバリエーションを揃え、スリム&コンパクトデザインでボリュームゾーンを狙う。

 画質モードに「ジュニア」、「シニア」といった視聴者別設定を設け、シニアでは明るさを落としすぎないように、ジュニアでは明るさを落として見やすくなど、使用者に合わせた視聴設定が可能だ。価格はオープン。5月10日より発売される。

  • LCD-32MX10(32型、店頭想定売価:14万円前後)
  • LCD-20MX10B/S/P(20型、店頭想定売価:9万円前後)
説明 三菱電機「REAL LCD-46MZW100」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加