logo

FAQ:iPhone SDKの中身と今後の展開は? - (page 2)

文:Jennifer Guevin(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、大熊あつ子、佐藤卓、福岡洋一2008年03月10日 13時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--iPhone用アプリケーションの開発はどのように行われるのか。

 誰でもiPhone SDKをダウンロードして、アプリケーションを開発できる。ただし、iPhone Developer Programに登録することが条件で、Appleは今のところ、登録の受け付けを「限られた」数に制限している。iPhone用アプリケーションの開発プロセスは、「Mac OS X」用アプリケーションとかなり似たものになりそうだ。

 完成したアプリケーションは、Appleが新しく発表した「App Store」を通じて配布される。App StoreはiPhoneに組み込まれる予定だが、iTunes Storeからもアクセスできる。なお、iPhone向けに開発されたアプリケーションは、すべてAppleから直接承認を受けることが必要となる予定だ。

 アプリケーションは、EDGEまたはWi-Fi方式のワイヤレスネットワークを使ってiPhoneにダウンロードされる。アプリケーションの価格は開発者が設定して売り上げの70%を手にする。残りの30%は手数料としてAppleに支払われる。無料アプリケーションの場合は、App StoreおよびiTunes Storeへの登録手数料はかからない。

--開発はPCでもできるのか。

 できない。iPhone SDKが使えるのはMacのみとなる。

--開発者がiPhone用アプリケーションを独自に配布することはできるか。

 できない。iPhoneおよびiPod Touch用の公式アプリケーションを開発するには、Appleの決めた手順に従わなければならない。

--3G対応のiPhoneはいつごろ登場するのか。

 Appleは、6日のイベントではいかなるハードウェア関連の質問にも答えないと述べた。アナリストたちは2008年の中ごろになると予測している。

--ロック解除はまだ可能か。

 ロック解除に取り組んでいるコミュニティーは、おそらく新しいソフトウェアのアップデートを調べ、解除方法を見直さなければならない。しかし、彼らは引き続きそうした努力を続けるだろう。というのは、決められたネットワーク以外でiPhoneを使えるようにするソフトウェアアプリケーションをAppleが正式に認める予定はないからだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]