logo

FAQ:iPhone SDKの中身と今後の展開は? - (page 3)

文:Jennifer Guevin(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、大熊あつ子、佐藤卓、福岡洋一2008年03月10日 13時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--セキュリティ面の対策はどのようになっているのか。

 開発者がプログラムに参加するためには、開発するアプリケーションに電子署名を添えなければならない。これにより、開発者が悪意あるアプリケーションを作成してAppleの承認プロセスを通過させようとした場合、Appleがその開発者を突きとめられるようになる。また、App Storeがアプリケーションを入手できる唯一の場所なので、悪意あるアプリケーションが広まってしまった場合は、App Storeを閉鎖するという措置が取れる。

--新しく追加されたビジネスユーザー向けの機能はどのようなものか。

 AppleはMicrosoftから「ActiveSync」プロトコルのライセンス提供を受けたため、企業の電子メール、連絡先情報、スケジュール情報をiPhoneと企業サーバーとの間で同期できるようになる。また、今後のソフトウェアリリースでは、セキュア接続が可能なCisco SystemsのIPSec VPN、およびWi-Fiセキュリティを強化したIEEE 802.1xセキュリティ標準が実装されることになっている。

--それはAppleとiPhoneにとってどのような意味を持つのか。

 Appleはこれから、新しいビジネス向け機能を強くアピールすることで、北米地域でスマートフォン市場をリードする「BlackBerry」に対抗できるようになる。また、アプリケーションが新しく増えれば、潜在顧客に対してiPhoneを購入するさまざまな新しい理由を提示できるようになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]