アイ・オー・データ機器、ポータブルハードディスクに320Gバイトモデルを追加

エースラッシュ2008年02月27日 19時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は2月27日、ポータブルハードディスク製品3リーズにそれぞれ大容量モデルを追加、ラインアップを拡充すると発表した。

 HDPG-SUシリーズは、耐衝撃性能と耐加重圧性能を持ったポータブルハードディスクだ。122cmからの落下と100kgの圧力に耐えることのできる頑健な構造となっている。従来ラインアップは120Gバイト、160Gバイト、250Gバイトの3容量だったが、3月中旬に320Gバイトモデル「HDPG-SU320」が追加される。価格は3万1700円。また、さらに大容量の製品として、3月下旬に500Gバイトモデル「HDPG-SU500X」も登場する。価格は4万5500円。

 HDP-Uシリーズは、5400rpmのドライブを採用したポータブルハードディスク。本体を保護するシリコンジャケットが装着されていることで、122cmからの落下にも耐えるほか、使用時以外にはコネクタ部分を保護することもできるようになっている。従来ラインアップは120Gバイト、160Gバイト、250Gバイトの3容量だったが、3月中旬に320Gバイトモデル「HDP-U320S」が追加される。価格は3万600円となっている。

アイ・オー・データ機器「HDPG-SU320」 アイ・オー・データ機器「HDPG-SU320」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加