「ティファニー」「インターネットマシン」「株ケータイ」--孫社長アイデア溢れるソフトバンク春モデル

永井美智子(編集部) 南謙治2008年01月29日 23時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソフトバンクモバイルは1月28日、春商戦向けの新端末15モデルを発表した。2月上旬以降、順次発売する。「インターネットマシン」と名付けた横開きのフルキーボード端末や、株取引に特化した「株ケータイ」、宝飾品ブランド「ティファニー」とのコラボレーションモデルなど、代表取締役社長の孫正義氏が自ら発案したという一風変わったモデルが目を引く。

 ソフトバンクモバイルは1月28日、春商戦向けの新端末15モデルを発表した。2月上旬以降、順次発売する。「インターネットマシン」と名付けた横開きのフルキーボード端末や、株取引に特化した「株ケータイ」、宝飾品ブランド「ティファニー」とのコラボレーションモデルなど、代表取締役社長の孫正義氏が自ら発案したという一風変わったモデルが目を引く。

 ソフトバンクモバイルは1月28日、春商戦向けの新端末15モデルを発表した。2月上旬以降、順次発売する。「インターネットマシン」と名付けた横開きのフルキーボード端末や、株取引に特化した「株ケータイ」、宝飾品ブランド「ティファニー」とのコラボレーションモデルなど、代表取締役社長の孫正義氏が自ら発案したという一風変わったモデルが目を引く。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加