マイクロソフト、新CIOに元ディズニーのT・スコット氏を採用

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年01月18日 15時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月17日、社内ITシステムの管理を統括する最高情報責任者(CIO)としてTony Scott氏を採用したと発表した。

 Scott氏が今回就任したCIOの地位は、Microsoftが11月に前任者のStuart Scott氏を就業規則違反で解雇して以来空席になっていた。同社ではどの規則に違反したのかについては明らかにしなかった。Tony Scott氏は最高業務責任者(COO)であるKevin Turner氏の直下に配属される予定。

 Turner氏は声明で、Scott氏の職務の中心はMicrosoftのIT投資を最大限に活用し、同社の製品グループにフィードバックを提供するとともに、他の上級IT幹部とベストプラクティスを共有していくことだと述べている。

 Scott氏は、Microsoftの前はWalt Disneyで主要なITインフラストラクチャのアップグレードを指揮していた。その前はGeneral Motorsの最高技術責任者(CTO)やBristol-Myers Squibbのオペレーション担当バイスプレジデントを歴任した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加