logo

マイクロソフト、英国の地図サービス企業を買収

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年12月13日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月12日、英国に本社を置くマッピングサービス企業Mutimapを買収したと発表した。

 同社は買収金額について明らかにしていない。Microsoftでは今回の買収を、同社の地図検索サービス「Virtual Earth」および検索分野の拡充に寄与するものであるとしている。

 Mutimap最高経営責任者(CEO)のJeff Kelisky氏は声明で「Microsoftとの提携は、当社に新たな技術とアプリケーションの元でマッピングサービスを展開する機会を与えるものだ」と述べている。「Microsoftは世界の最先端を行く企業の1つであり、Multimapの提供するサービスをより価値あるものにすることができる立場にいる。地点Aから地点Bを目指す全ての人に、全く新たなエキサイティングかつ楽しい体験を提供できることになるだろう」

 2007年、MicrosoftはAquantiveを同社としてはこれまでで最高の60億ドルで獲得するなど、複数の企業を買収してきた。今回の案件は同社の一連の企業買収の中で最も新しい動きだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集