logo

アイレップが2007年SEM業界10大ニュースを発表--1位は「新しい検索UIの登場」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイレップSEM総合研究所は12月4日、2007年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表した。選定にあたっては、SEM総合研究所の所長である渡辺隆広を中心に討議を重ね、SEM専門企業ならではの視点で影響度の高いものを選定したという。

 10大ニュースの1位には「新しい検索UIの登場 - Google Universal Search、Ask3Dなど」が挙げられた。これまで一覧表示が主流だったウェブ検索結果の表示方法に、検索キーワードに対して関連するウェブドキュメントだけでなく、動画、画像、音声などキーワードに適合するデジタルコンテンツを一画面上に集めて表示するUIを採用するなど、変化の兆しが現れた。

 また、米国で先行して導入されていた、オーバーチュア・スポンサードサーチの新版が日本国内でも始まったが、これが2位となっている。従来の入札価格を基準とした広告掲載順位が、品質インデックスによる指標への変更、地域ターゲティング機能の強化など、検索利用者により適切な広告メッセージを届けるための新機能が数多く搭載された。ただし、便利になった一方で従来のロジックが適用できず、今後このスポンサードサーチに対応するノウハウや知見の蓄積、活用が求められるとしている。

 3位にはGoogleが、検索品質を低下させうる「有料リンク(Paid Links)」問題の対策に本腰を入れたことや、Yahoo!、Google、Microsoft(Live Search)の3社がともに、検索品質改善に関連する目立った動きがあったことも10大ニュースに挙げた。また、モバイル検索技術の競争が激化したこと、コンテンツ連動型広告サービスの展開が加速したこと、動画検索エンジンが相次いで登場したことなど新しい動きとして挙げている。

 一方で、infoseekサービスが終了したことや、検索各社がネット広告領域で大型買収が相次いだことなど、大手が検索広告だけでなく一大オンライン広告ネットワークを築き広告ビジネスを強化しようとしていることも業界の動きとして挙げている。また最後に、2007年から3年間にわたり実施される、経済産業省が進める国産検索技術の開発情報大航海プロジェクト」がスタートしたことを挙げ、成果が注目されるとしている。詳細な順位は以下のとおり。

2007年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
1新しい検索UIの登場 - Google Universal Search、Ask3Dなど
2オーバーチュア、新スポンサードサーチを開始
3Google、検索品質を低下させうる「有料リンク(Paid Links)」問題の 対策に本腰
43強検索エンジン、検索品質改良に注力
5モバイル検索技術、競争が激化
6コンテンツ連動型広告サービスの展開が加速
7動画検索エンジンが相次いで登場
8検索サービスの撤退と参入多数 - infoseekサービス終了
9検索各社、ネット広告領域で大型買収相次ぐ
10経済産業省の情報大航海プロジェクトがスタート

-PR-企画特集