logo

バッファロー、AVCHD対応のビデオプレーヤー、有線/無線LAN対応の2モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは11月7日、ネットワーク対応のビデオプレーヤー「LinkTheater(リンク・シアター)」で、AVCHD方式の映像や静止画の再生が可能な有線LANモデル「LT-H90LAN」と、11n無線LANモデル「LT-H90WN」を11月下旬に発売すると発表した。価格は税別で「LT-H90LAN」が2万1000円、「LT-H90WN」が3万1700円。

 HDMI ケーブルやD端子ケーブルでハイビジョンテレビに接続すれば、ハイビジョン映像やデジタル写真をハイビジョン画質で表示できる。また本体前面と背面に USBポートを搭載し、USB接続のカードリーダーや外付けHDDを接続すれば、その中に保存したハイビジョン映像や写真を再生可能。連続再生機能を搭載し、同一フォルダの映像や写真ファイルをまとめて再生できる。

 同社のLAN接続HDDやDLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)対応家電製品と接続すれば、各機器に保存したデータやPCにあるハイビジョンカメラの映像データなどをネットワーク経由で再生可能。Windowsパソコンの共有フォルダも参照できるので、パソコンに保存したデータも簡単に参照できる。さらに、著作権保護機能「Windows DRM10」に対応しており、インターネットの動画・音楽配信サイトで購入したWMV/WMAファイルも再生できる。

 無線 LANモデル「LT-H90WN」は、高速無線LAN規格Draft IEEE802.11nに対応、離れた部屋でもハイビジョン映像を再生できる。独自の無線LAN簡単設定方式「AOSS」にも対応し、同社製無線アクセスポイント「AirStationシリーズ」ならばワンタッチで設定が完了する。本体サイズは幅210×高さ50×奥行き210mm、重さは約1.2kg。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

-PR-企画特集