logo

「携帯電話は日常生活のリモートコントローラ」:MSバルマー氏、CTIAで講演

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2007年10月24日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--携帯電話は大変便利なため最近では2台の端末を持ち始める人も出てきた

 いや、これは厳密には正しくない。複数の携帯電話を持つ人が増えているが、それは実際には業界の成功ではなくて失敗だと、Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は米国時間10月23日に指摘した。

 人々は携帯電話を1台は仕事用にもう1台を家庭用に、または1台を電子メール用に、もう1台は電話をかけるために必要だと思うようになってきている。

 「それは私にとっては非常に奇妙なことに思える」とBallmer氏は当地で開催されたCTIA Fall 2007トレードショーの基調講演で語った。

 業界、そして、Microsoftの最終目標は、家庭と仕事の両方で使用でき、ビジネスアプリケーション、ユニファイドメッセージングおよびゲームを実行できる機器を作り出すことであるべきだ。

 「ある意味で私たちは携帯電話を日常生活の汎用的なリモートコントローラと考える必要がある」とBallmer氏は述べている。

 またBallmer氏は携帯電話が多くの人々にとってコンピュータよりも中心的な役割を持つようになっていることさえ認めている。

 「携帯電話には独自の役割がある」とBallmer氏は語る。「PCは最もパワフルな機器だが、携帯電話は最も普及した機器である」。さまざまな機器で動作するサービスの世界(たとえば「Windows Live」など)では、いつでも個人が手元に持っている可能性が最も高い機器は携帯電話であると同氏は述べる。

 場合によっては携帯電話がコンピュータの代わりになる。

 「多くの国では資金が限られているユーザーにとって携帯電話はPCの代わりになるだろう」とBallmer氏は語り、携帯電話をドッキングステーションに接続してキーボードとテレビをつないでPCのような機器として使用するシナリオを指摘した。これはMicrosoftが研究所で開発している使用形態であり、今後12カ月以内にテストが開始される予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集