logo

MS、企業向け「ユニファイドコミュニケーション」製品発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月17日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サンフランシスコ発--数年前から電話市場への参入を計画していたMicrosoftが、ついに始動する。

 Microsoft会長Bill Gates氏とビジネス部門担当プレジデントJeff Raikes氏は米国時間10月16日午前、当地で開催されたイベントにおいて、同社の企業向け「ユニファイドコミュニケーション」の提供戦略において重要な役割をはたす製品数種を正式にリリースした。これらは、電子メール、インスタントメッセージング、ボイスメール、電話機能を統合するソフトウェアとなる。

 同イベントは、技術製品の発表の場というよりはロックコンサートの会場として有名なBill Graham Civic Auditoriumで開催された。イベントは、スモークが上がる中、ロックミュージシャンによるGates氏サイン入りエレキギターの演奏で開幕した。

 Raikes氏はイベントにおいて、「ブラインドダイアリングの時代、電話価格を競争する時代、ボイスメールが氾濫する時代、そんな時代はもう終わる」と述べた。同氏は、電話番号自体が、それが開発された時代における技術の制約の産物であると指摘した。

 Raikes氏は、「あなたの電話番号を知りたいのではない。あなた自身とコンタクトをとりたいのだ」と述べた。

 新製品の中で最も重要な「Office Communications Server 2007」は、主に企業向けのインスタントメッセージングとして利用されていた前機種の「Live Communications Server」から飛躍的に拡張されている。この新バージョンは、前機種の機能も備えているが、さらに企業が一般電話またはインターネットベースの電話システムを利用して通話を管理することができるようになっている。また、「Office」や「Exchange」など既存のMicrosoftソフトウェアに接続することも可能である。

 Microsoftはコアとなるこのサーバソフトウェアに加えて、それと共に使用するためのデスクトップ製品も発表した。「Office Communicator」は、同社のビデオ会議ソフトウェアである「Live Meeting」の新しいバージョンである。360度カメラと録画機能を備えたビデオ会議機器「RoundTable」も発表された。

 Gates氏は、コンピュータネットワークを介して通話を処理することによる、コストの低減と生産性の向上を強調していた。

 Gates氏はイベントにおいて、「強力な業界標準サーバを利用して電話通話をインターネットへと移行することにより、これまでとは全く異なる方式を実現している」と述べた。

 Microsoftが委託したForrester Researchの調査からは、典型的な顧客が、同社の技術をすべて導入し、一般電話からインターネットベースの通話へと移行した場合、Microsoftのソフトウェアへの投資1ドルにつき、5ドルの節約が得られることがわかっている。

-PR-企画特集