logo

KDDI、au端末の待ち受け画面にGoogle検索窓を設置--ウィジェットにも対応

永井美智子(編集部)2007年10月16日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE KDDIは2007年秋冬モデルのau端末において、待ち受け画面にGoogle検索窓を設置する。携帯電話からのネット検索を簡単にするのが狙いだ。

 これは携帯電話の待ち受け画面上にユーザーが好きなサイトの最新情報などを表示できるサービス「au oneガジェット」の開始に伴うものだ。

 ユーザーはGoogle検索窓に知りたいキーワードを入力し、「検索」ボタンを押すと検索結果が表示された画面にアクセスする。これまではau oneポータルページに一度アクセスしてから検索機能を利用する必要があった。

 待ち受け画面上にはEZニュースフラッシュ、ユーザーが選んだガジェット、Google検索の3つが並んで表示される。それぞれの配置や表示、非表示の選択はユーザー側で制御可能だ。

au oneガジェット 新しい待ち受け画面にはGoogle検索窓とau oneガジェットが表示される

 au oneガジェットは、携帯電話の待ち受け画面上にさまざまな情報を表示したり、ツールを設置したりできるサービス。ネットを利用した情報の自動更新に対応し、ブログやメールなどの更新情報を常に表示させることが可能だ。

 サービス開始は12月以降。対応機種は10月16日に発表された「W56T」「W54S」「W54SA」となる。

 ガジェットを提供できるのはauの公式サイト運営者のみで、ガジェットの配布にはKDDIの審査が必要となる。KDDIからはau one メール、au one ブログ、au one GREE、au Auctionsなどのガジェットが提供される。このほか、集英社の「ケータイ少年ジャンプガジェット(仮)」、講談社の「アイドル相性ガジェット(仮)」、ハドソンの「1日1問クロスワード(仮)」などが提供される予定だ。

 ガジェット利用時には、コンテンツに応じた情報料がかかる。料金は100円〜300円程度となる見込み。「(KDDIからの提供を除いて)完全無料のガジェットというのは想定していないが、有料サイトが会員向けの無料サービスとしてガジェットを提供することはありうる」(説明員)としている。

 Operaのガジェットエンジンを利用しており、それぞれのガジェットはXMLやjavascriptで作られているという。OperaはPCのほかWii向けにガジェットエンジンを提供しているが、携帯電話向けは今回が初となる。ガジェットのアプリケーション容量は500Kバイト、1回あたりに通信できるデータ量は64Kバイトといい、情報の更新頻度はコンテンツプロバイダが2時間〜15時間の幅で決められる。

 待ち受け画面に一度に表示できるウィジェットは1つのみ。ユーザーは待ち受け画面上で左右キーを押すことでウィジェットを切り替えられる。

-PR-企画特集