logo

著名投資家のC・アイカーン氏、BEA株保有率をさらに引き上げ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月04日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 億万長者であり投資家のCarl Icahn氏がBEA Systems株の保有率を11.05%までに引き上げた。米証券取引所委員会(SEC)に米国時間10月3日提出された書類により明らかになった。

 今回の動きはBEA取締役会への圧力を高めることを目的としている。Icahn氏は同社売却を求めている。

 Icahn氏の不満は何か?

 BEA株が過小評価されるという意見もあるが、買収が、整理統合市場において、BEAの「革新的な技術」にもっと大きな重要性を持たせ、これらの資産の財務実績を変える可能性がある。

 Icahn氏は、9月末にBEA株保有率を8.5%から9.88%に引き上げており、同社取締役会との対決を準備していると思われる。Reutersの報道によると、6月30日の段階で同氏が保有する同社株式の割合はわずか2%であった。

 Icahn氏にとって委任状争奪戦は初めてのことではない。MotorolaのEd Zander氏ならよく分かっているだろう。Motorola最高経営責任者(CEO)であるZander氏は、このような試みを避けることに成功している。

 BEAで起ころうとしていることは、まだ誰にも分からない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集