マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」の詳細を発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉2007年09月25日 18時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リリース予定が2008年にずれ込んだMacintosh版「Office」の次期バージョンだが、Microsoftはリリースする各パッケージの詳細と価格を明らかにした。

 同製品には3種類のパッケージが用意されている。単に「Office 2008 for Mac」と呼ばれる基本パッケージには、「PowerPoint 2008」「Word 2008」「Excel 2008」「Entourage 2008」が含まれ、価格は399.95ドルだ。「Office 2008 for Mac Special Media Edition」という499.95ドルのパッケージには、基本のソフト4種に加えて、Microsoftが2006年にiView Multimediaの買収を通じて獲得した「Expression Media」が含まれる。

 上記2種のパッケージでは、「MacOS X」に組み込まれたスクリプトツール「Automator」に対応するほか、「Exchange Server」との接続も可能になっている。

 これに対し、個人向けのパッケージ「Office 2008 for Mac Home and Student Edition」は、AutomatorやExchange Serverをサポートしていない。価格は149.95ドルで、最大3台までのMacintoshにインストールできる。

 Microsoftは2007年8月、Office 2008 for Macの発売を2008年1月に延期すると発表した。同社のマーケティングマネージャーであるAmanda Lefebvre氏は、Microsoftは変更したスケジュールに沿って作業を進めており、12月中にプログラムを仕上げ、米国時間2008年1月15日に米国内の消費者および企業向けに一般発売すると述べた。同氏によると、2008年第1四半期中に英語以外の言語でも発売するが、今回からはデンマーク語、フィンランド語、ノルウェー語といった北欧の言語が新たに加わるという。

 新バージョンのOffeceは、IntelベースのMacに初めてネイティブで対応することになる。もちろん、PowerPCベースの古いMacでも使用できる。

 Microsoftはまた、アップグレード保証プログラムも開始する。このプログラムに基づき、9月25日から来年の3月15日までの間に「Office 2004」を購入したユーザーは、送料および手数料として10ドル程度を支払うだけで、Office 2008の同等パッケージにアップグレードできる。

 今回、Office 2008の正式リリース前に公開ベータテストを行なう予定はないと、Lefebvre氏は述べた。

 「われわれは、広範囲な公開ベータテストを実施しないことを決定した」とLefebvre氏は述べ、社内のスタッフのほか、社外でも少数のテスターがベータテストに協力していると付け加えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加