logo

フォトレポート:絵で見る「Google Earth」--宇宙の旅へ出かけよう!

CNET News.com Staff2007年08月23日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Googleは、「Google Earth」のサービスエリアを、「Sky」という名称の新アドオンモードにより、宇宙の表示ができるまで拡大した。「Google Earth 4.2」に登場するSkyでは、ハッブル宇宙望遠鏡からの高解像度画像、新たな恒星の発見や星座に関する役立つ情報などを閲覧できる。Google Skyの起動方法に少し戸惑うことはあるかもしれないが、実はページ右上のアイコン(丸く囲まれて示されている)をクリックするだけで起動できる。まずは手軽に検索対象を定められるように、最初に星座の画面が表示される。マウスを用いて、宇宙内の表示エリアを360度自由に回転させられるほか、スクロールホイールによるズームインおよびズームアウトも可能だ。
Scroll Right Scroll Left

 Googleは、「Google Earth」のサービスエリアを、「Sky」という名称の新アドオンモードにより、宇宙の表示ができるまで拡大した。「Google Earth 4.2」に登場するSkyでは、ハッブル宇宙望遠鏡からの高解像度画像、新たな恒星の発見や星座に関する役立つ情報などを閲覧できる。Google Skyの起動方法に少し戸惑うことはあるかもしれないが、実はページ右上のアイコン(丸く囲まれて示されている)をクリックするだけで起動できる。まずは手軽に検索対象を定められるように、最初に星座の画面が表示される。マウスを用いて、宇宙内の表示エリアを360度自由に回転させられるほか、スクロールホイールによるズームインおよびズームアウトも可能だ。

提供:Google Earth

 Googleは、「Google Earth」のサービスエリアを、「Sky」という名称の新アドオンモードにより、宇宙の表示ができるまで拡大した。「Google Earth 4.2」に登場するSkyでは、ハッブル宇宙望遠鏡からの高解像度画像、新たな恒星の発見や星座に関する役立つ情報などを閲覧できる。Google Skyの起動方法に少し戸惑うことはあるかもしれないが、実はページ右上のアイコン(丸く囲まれて示されている)をクリックするだけで起動できる。まずは手軽に検索対象を定められるように、最初に星座の画面が表示される。マウスを用いて、宇宙内の表示エリアを360度自由に回転させられるほか、スクロールホイールによるズームインおよびズームアウトも可能だ。

-PR-企画特集