logo

ソニー、フルHDパネル「SXRD」搭載のビデオプロジェクター「VPL-VW60」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月21日、0.61型フルHDパネル「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を搭載した「ブラビア ビデオプロジェクター VPL-VW60」を9月20日に発売すると発表した。希望小売価格は44万1000円。

 総画素数約622万画素(207万3600画素×3枚)のSXRDと、入力信号の輝度レベルに応じて絞りを無段階に開閉する「アドバンスト・アイリス2」との組み合わせにより、35000対1の高コントラスト比を実現。奥行き感のある階調表現の豊かな映像表現を可能にしている。

ブラビア ビデオプロジェクター VPL-VW60 「ブラビア ビデオプロジェクター VPL-VW60」

 さらに、ビデオプロジェクター用に開発したフルデジタル対応の高画質回路「ブラビアエンジン」を搭載。ブルーレイディスクなどのハイビジョン映像も、ノイズが少なく精細感がある、色鮮やかで深みのある映像で映し出すことができる。

-PR-企画特集