圧倒的なトラフィックを誇る分散メディア帝国の出現

文:David Hornik 翻訳校正:株式会社アークコミュニケーションズ、谷口茜、國分真人2007年07月26日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Six Apartについてはこれまで多くのことが語られてきた。私も自分が書いた記事で大ファンであることを名言している。私自身が「MovableType」(VentureBlog)、「TypePad」(SaysMe)、「Vox」(Hornik, Hornik and More Hornik)というSix Apartのプラットフォームを使っている。だからこそ、投資し、顧客となり、エバンジェリストになったのだ。

 Six Apartについてまだ語られていないことは何だろうか。それはおそらく、Six Apartのウェブトラフィックが桁外れに多いという点だろう。Comscoreによれば、Six Apartは自社がホストする資産(TypePad、ブログ、「LiveJournal」、Voxなど)だけでも、最もトラフィックの多いウェブサイト50に入っている。Six Apartのユニークビジター数は1カ月あたりおよそ3900万人で、さらに増え続けている。4月のページビューは全世界で6億を超え、米国内だけで2億5000万以上に達する。そしてこのページビュー数には、たとえばTheSuperficial、SocialiteLifeGothamistBoingBoingHuffingtonPostAskDaveTaylorTreeHuggerZDNet BlogsCelebrity-BabiesCuteOverloadKottkeCoolHuntingなど、Six Apartがホストするプラットフォームで運営される無数のブランドサイトの膨大なトラフィックは含まれていないのだ。

 こうしたページビューはどこから発生するのだろうか。2000万近くのSix Apartブロガーが、さまざまなプラットフォームを利用している。米国では、彼らはLiveJournal、TypePad、Voxなどに投稿している。米国以外では、Friendster、ニフティ、NTTなどが投稿先だ。この地球上で誰かが何かトピックを検索すると、その結果のほぼすべてにSix Apartがホストするサイトが含まれるだろう。ブロガー数、ページ数、ページビュー数のどれもが増え続けており、ブログのパワーを実感させられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加