logo

Second Life日本語版、ついに登場--メニュー日本語化で使いやすく

永井美智子(編集部)2007年07月13日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linden Labの3D仮想空間「Second Life」に、ついに日本語版が登場した。登録からアプリケーションのインストール、操作がすべて日本語でできるため、日本のユーザーにとっては利用するための敷居がようやく下がることになる。

 7月13日に日本語版のサイトがリニューアルし、日本語ベータ版の配布が始まった。対応OSはWindows 2000/XP、Mac OS X、Linuxの3種類。クライアントソフトのバージョンは1.18.0.6となる。

Second Lifeサイト 新しくなったSecond Lifeのサイト

 これまでもメニューなどは一部日本語化されていたが、今回のベータ版では完全にメニューが日本語化している。また、サポートもメールベースながら日本語で受けられるようになった。ただし、Second Lifeに最初にアクセスしたときに行われるオリエンテーションの日本語化はこれからで、利用料金の支払いはドルのみとなっている。

 現在Second Lifeの登録ユーザー数は現在約800万人。Linden Lab日本担当の土居純氏によれば、うち17万人が日本のユーザーだといい、「急ピッチで伸びている」とのことだ。

Second Lifeのメニューが日本語化 メニューはすべて日本語化され、操作しやすくなった(クリックすると拡大します

追記(2007年7月17日)記者が確認したところ、オリエンテーションの画面は日本語化されていることがわかった。ただし利用規約など一部でまだ日本語化されていない部分がある。

-PR-企画特集