中国ポータルサイトの網易、独自検索エンジンを採用しグーグルと決裂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 以前この連載でも紹介したが、先月中国3大ポータルサイトの中でもトップを走る新浪(SINA)が、同社検索エンジンにGoogleを採用し、それまで研究を進めてきた独自の検索サイト「愛問(iask)」の研究を中止した。一方で中国3大ポータルサイトの1つである網易(NetEase)は、先の新浪とは逆に、検索エンジンに、それまで同社が3年間採用していたGoogleとの提携をとりやめ、同社が独自に開発した「有道捜索」を採用すると7月1日に発表した。
Scroll Right Scroll Left

 以前この連載でも紹介したが、先月中国3大ポータルサイトの中でもトップを走る新浪(SINA)が、同社検索エンジンにGoogleを採用し、それまで研究を進めてきた独自の検索サイト「愛問(iask)」の研究を中止した。一方で中国3大ポータルサイトの1つである網易(NetEase)は、先の新浪とは逆に、検索エンジンに、それまで同社が3年間採用していたGoogleとの提携をとりやめ、同社が独自に開発した「有道捜索」を採用すると7月1日に発表した。

 以前この連載でも紹介したが、先月中国3大ポータルサイトの中でもトップを走る新浪(SINA)が、同社検索エンジンにGoogleを採用し、それまで研究を進めてきた独自の検索サイト「愛問(iask)」の研究を中止した。一方で中国3大ポータルサイトの1つである網易(NetEase)は、先の新浪とは逆に、検索エンジンに、それまで同社が3年間採用していたGoogleとの提携をとりやめ、同社が独自に開発した「有道捜索」を採用すると7月1日に発表した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加