ジェイマジック、オリンパスなどに対して第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェイマジックは6月28日、オリックス・キャピタル、オリンパス、東京海上キャピタル、みずほキャピタル、楽天ストラテジックパートナーズに対し、6月15日までに第三者割当増資を実施したと発表した。

 ジェイマジックは、2005年10月に設立されたベンチャー企業で、画像解析技術やインフラなどを利用して、モバイルに特化したサービスを企画・開発している。代表的なサービスとして、写真による検索を核にした、カメラ携帯向けのソーシャルメディア「eyenowa(アイノワ)」、顔画像認識を活用し、有名人の誰に似ているかを調べられる、「顔ちぇき! 〜誰に似てる?」(http://kaocheki.jp/)などのサービスがある。

 今回の増資による資金は、ジェイマジックが現在開発を進めているモバイルメディア事業の規模の拡大・優秀な人材の採用に使う計画がある。また、モバイルメディア事業では、現在提供中のeyenowa、顔ちぇき!の二つのメディアの機能の増強を行うとともに、新しいメディアの開発に資金を投下する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加