W-ZERO3[es]はどう進化したか?ファーストインプレッション--ウィルコム「Advanced/W-ZERO3[es]」(前編) - (page 4)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィルコム
WS011SH
内容:2007年6月7日に発表された、ウィルコムのW-SIM Style最新端末のAdvanced/W-ZERO3[es](型番:WS011SH)。7月中旬の発売を前に、ウィルコムから試作機を借りることができた。限られた時間ではあったが、気になっている部分をできるだけチェックしたファーストインプレッションをお届けする。従来機W-ZERO3[es](型番:WS007SH)からどう進化したのだろうか。

3.各種キーを検証--ハードウェアキー

 本機にはQWERTYキーボード以外にもいくつかのハードウェアキーが搭載されている。ここではそれぞれを写真で紹介して、使い勝手などを紹介していきたい。

・テンキー

 本体前面、液晶の下部にある。それぞれのキーが山形状になっており、入力しやすい。携帯電話と同じように、数字キーとしての利用ができる他、文字入力にも対応している。縦方向で文字入力する場合には、もっとも多用するキーだろう。

・各種ファンクションキー

 テンキーの上部に各種のファンクションキーが搭載されている。携帯電話ではおなじみの「クリア」「文字」キーは、それぞれ携帯電話と同じように機能する。

 「通話」キーでは、押すと電話専用アプリが起動して、電話をかけることができるようになる。「通話終了」キーは、通話の終了や回線の切断、アプリの終了などを行うことができる他、長押しすることによって、電源をオンオフできる機能も持っている。

 一般的な携帯電話と違うのは「Windows」キーと「OK」キーだろう。「Windows」キーはスタートメニューを開くために必要なキーであり、「OK」キーは各種のウィンドウを閉じたり、最小化するために使用する。

・カーソルキー

 本機のアクセントとしても目立つように配置されているのが、大き目のカーソルキーだ。本機ではこのキーを特別に「Xcrawl」キーと呼び、従来の上下左右と決定キーとして利用方法の他に、外縁部分をなぞることによって「上下スクロール」を行えるようにしている。

 ただし、機械的に外縁部分が回転するわけではなく、あくまでタッチパネル状にになっているところをなぞることによってソフトウェア的にジョグ機能をエミュレーションしているので、人によって慣れない人もいるだろう。

 しかし、ウェブブラウズやワード書類の閲覧など、何かと画面スクロールをすることが多い本機では、機能的には非常に有益だ。

 ただし、センターの決定キーは、筆者の感覚ではクリック可能なポイントが中央部にしかなく、クリックしにくいという印象だった。隅を押してもクリックされず、ちょっとキーがグラつくだけになってしまう。慣れれば問題はないのかもしれないが、他のキーのクリック感がいいだけに、非常に残念だった。

  • それぞれのキーは大きく、キートップは他と同じく山形状になっているため押しやすい。他のキーと比べると利用する機会が格段に多いカーソルキーも大きく操作性が高い

  • 「Windows」キーと「OK」キーをそれぞれ、左右のメニューキーに代用させることができるユーティリティーが標準で搭載されている



>>W-ZERO3[es]はどう進化したか?ファーストインプレッション--ウィルコム「Advanced/W-ZERO3[es]」(後編)はこちらから

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]