logo

アドベントネット、ウェブベース生産性ソフト「Zoho」日本語版を本格提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドベントネットは6月11日、オンラインコラボレーションツール「Zoho」シリーズの日本語版サービスの提供を本格的に開始すると発表した。

 Zohoは、表計算ソフトやワードプロセッサ、プレゼンテーションツールなど、Office系ツールをはじめとするさまざまなツールをウェブブラウザ上で利用できるオンラインツールのシリーズ。個人利用の場合は無料で利用できる。

 アドベントネットでは現在、「Zoho CRM」「Zoho Mail」などを日本語ベータ版で提供している。5月に日本語ベータ版を公開した表計算ソフト「Zoho Sheet」に続き、ワードプロセッサ「Zoho Writer」、プレゼンテーションツール「Zoho Show」など、Office系製品である「Zohoオフィススイート」を順次日本語化し、夏までに国内のユーザーに日本語環境でZohoサービスを提供するとしている。

 また、企業ユーザー向けに、MKIネットワーク・ソリューションズと共同で、ホスティングサービスとしてZohoを提供していく計画も進めているという。

-PR-企画特集