logo

米ヤフー、最高技術責任者が退職へ

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年05月31日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは米国時間5月30日、米証券取引所委員会(SEC)に提出した書類で、同社の最高技術責任者(CTO)であるFarzad Nazem氏が辞任することを明らかにした。

 Yahooのウェブサイトによると、1996年にYahooに入社したNazem氏は、同社を退職する意向だという。Nazem氏は6月8日をもって退職する予定となっている。

 45歳のNazem氏は6カ月前、Yahooの3つある主要事業部のうちの1事業部のトップに任命されたばかりだった。NASDAQに上場している同社の株価の終値は28.38ドルで、その後の時間外取引で28.24ドルに下がった。

 主要ライバルであるGoogleに追いつこうとするYahooは現在、大きな変化を経験している。2006年12月には、経営陣の入れ替えにより、最高執行責任者(COO)とエンターテインメントグループのトップが同社を去った。その一方で、Googleは検索と広告の両分野でYahooを上回った。Yahooの第1四半期の利益は、前年同期と比べて11%減少した。Yahooの同期の売り上げは16億7000万ドルで、36億6000万ドルの売り上げを報告したGoogleの半分以下となっている。

 Yahooは、2007年2月に開始した最新の広告プラットフォームにより検索からの利益の増加を狙っていた。Nazem氏によると、このプラットフォームの運用が始まるのを待って引退することにしていたという。

 Nazem氏が引退した後は、同社の共同設立者であるJerry Yang氏がCTO職を暫定的に引き継ぐ予定となっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集