logo

Windows SideShowといえばコレ!ASUSのノートPC「W5Fe」 - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUSTeK
詳細:SideShow搭載
内容:Windows Vistaでは「Windows SideShow」というサブディスプレイの機能を持っている。携帯電話でもメインとは別に表側に情報を表示するサブディスプレイがあるが、同様にノートPCを閉じていても外側に情報を表示できるのが「Windows SideShow」。現在はSideShowに対応したノートPCといえば、ASUSの「W5Fe」が唯一無二の製品となる。

カメラは回転タイプ

 本体には、デジタルカメラも搭載している。カメラ搭載となるとエンターテインメント向けPCのようにも思われるが、最近はビデオ会議など、ビジネス用途にも使われることが多い。

 カメラにも少し工夫がある。「W5Fe」内蔵カメラは、回転機構付きで自分撮りから“相手撮り”にも対応する。画素数は130万画素、角度も調整できるため、手元にある商品を動画チャットで相手に見せながら説明したり、向かいの景色を説明するなど、自分の顔を映すだけでなく、使い道は広がる。

 カメラの回転部分は一段引っ込んでいるため、スムースに回転させるためには少し慣れが必要だが、使い勝手は悪くない。さらに、カメラの横にはマイクも内蔵する。まさにパソコンだけでビデオチャットができるというハードウェアとなっている。

  • カメラは液晶上部に搭載。右横にはマイクも搭載されている

  • カメラの操作ボタンが液晶右側にある。このボタンだけでも操作できる

  • カメラを内側に向けている状態では外側にはASUSのロゴがある

  • カメラは回転させて外側に向けることもできる

  • プリインストールの「LIFEFRAME」で静止画、動画をとることができる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]