logo

Windows SideShowといえばコレ!ASUSのノートPC「W5Fe」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUSTeK
詳細:SideShow搭載
内容:Windows Vistaでは「Windows SideShow」というサブディスプレイの機能を持っている。携帯電話でもメインとは別に表側に情報を表示するサブディスプレイがあるが、同様にノートPCを閉じていても外側に情報を表示できるのが「Windows SideShow」。現在はSideShowに対応したノートPCといえば、ASUSの「W5Fe」が唯一無二の製品となる。

キーはストロークが長めで、打ちやすいノートPC

 「Windows SideShow」を除けば、そのほかの構成は標準的なノートPCといってよいだろう。ボディは剛性感のあるもので、グニャグニャした印象はない。

 また、キーボードを操作したとき、キーボード下のボディのゆがみなどもあまり感じない。キーボードのストロークも長めで、こういった感触が好みの人も多いだろう。

 マウス操作はタッチバッドを使うタイプ。タッチパッドは四角い形状で大きさも適度、表面は細かくざらざらとした感触で、ひっかかりもなく指がスムースに動く。ない。クリック部分は確実で、デザイン的にもすっきりとさせている。

 タッチパッドを使わず、マウスを使う場合には付属のBluetoothマウスを利用する。本体にBluetoothを内蔵しているので、レシーバーなどを使わずにワイヤレスマウスが利用できる。

  • キーは12.1インチとしては標準的。大型ノートPCよりは小ぶり。ストロークは長め

  • タッチパッドは四角。表面は指をなぞりやすい仕上げがされている

  • 付属のBluetoothマウス。本体にBluetooth内蔵なので、すぐにワイヤレスでマウスが利用できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]