logo

欧州のコンピュータ産業拠点アイルランドのウェブアプリケーション - (page 3)

文:David Lenehan 翻訳校正:吉井美有2007年04月17日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の面白いアプリケーション

 PollDaddy.comはわたしが開発したものだが、発表されてから6カ月になる。無料でアンケートを作成してそれを自分のウェブサイトやブログ、mySpaceなどにウィジェットとして配置できる(情報公開:これはわたしの職場でもある。自分のサイトにアンケートが必要なら、自由に訪問してほしい。Read/WriteWebもこのサービスを利用している)。

 zinadoo.comはオンラインのAdobe Flashを用いたエディタを使い、無料でモバイル端末用サイトを作ることができるサービスだ。ページを作成し、テキストと画像を入れることができる。これは、自分のサイトにモバイル端末から訪問してくるユーザーに対して何らかの情報を提供したいだけという場合には、非常に便利なツールだ。Zinadooを制作したNubiqは、間もなくMobiseerと呼ばれるモバイル用の検索、発見、パーソナライゼーションエンジンも公開する予定だ。このサービスではユーザーは検索やタグ付け、好みのモバイルサイトのブックマークなどを行うことができる。

 MySay.comはまだプライベートベータ版だが、そろそろ公開されそうだ。これは一種のソーシャルネットワークアプリケーションだが、電話を用いて利用する。ユーザーの友人たちが接続すると、互いの近況やジョークなどを電話やウェブ、mySay用デスクトップウィジェットで交換し、連絡を保つことができる。ソフトウェアを一切ダウンロードする必要のない、電話を通じて音声だけを利用したソーシャルコミュニケーションである。それを実現する仕組みには多くの人が興味を持つことだろう。

結論

 アイルランドは何か新しい物事が起こる場所だ。ここには、今回採りあげた「古顔」のように、多くの成功の物語がある。しかし、これから大きくなる新興企業に健全なイノベーションの環境を見ることもできる。この記事を執筆するにあたり助けてくれたNookedのFergus Burnsに感謝したい。Fergusはweb2ireland.orgの管理者でもある。同ブログでは、今回登場したうち多く企業の状況を追いかけることができる。

 この記事はRead/WriteWebで国際的なウェブ市場について継続的に追いかけている企画の一部である。これまでに扱った国には、ドイツ、オランダ、ポーランド、韓国、イギリス、ロシア、スペイン、中国、トルコ、イタリア、ブラジル、フランス、日本、インド、オーストリア、スウェーデン、オーストラリア、ハンガリー、セルビア、クロアチア、ラトヴィアがある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]