グーグル、「Google Checkout」を英国でサービス開始

文:David Meyer(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年04月16日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社の小売業者向けオンライン決済サービス「Google Checkout」の英国での提供を開始した。

 Google Checkoutは、オンラインで買い物をする人が決済に関する詳細情報を1度だけ入力すれば、Googleのログインアカウントを用いて、すべての提携サイトで決済することができるというサービスである。米国では2006年夏から提供されていた同サービスが、英国においても現地時間4月13日から提供されることとなった。

 GoogleのシニアプロダクトマネージャーであるJerry Dischler氏は、これは「小売業者のサイトにおける買い物がより便利になるため、小売業者にとってはすばらしいニュースだ」と述べ、米国でのサービスを開始して以来、多数の小売業者と買い物客がこれを利用しているとつけ加えた。

 またGoogle Checkoutは、企業がターゲットを絞った短いテキストベースの広告を、Googleユーザーの検索結果とともに掲載することのできる同社の「Adwords」サービスとも密接に連携している。企業はAdwordsのユーザーでなくてもGoogle Checkoutを利用することができるが、Adwordsのユーザーである企業の広告には、Checkoutのアイコンが付加され、買い物客に「決済が簡単で安全なサイト」であることをアピールすることができるとGoogleは主張する。

 さらにGoogleは、両方のサービスを利用する英国企業に対し、Adwords利用料金1ポンドにつき、その小売業者の売り上げ10ポンド(19.80ドル)を無償で処理するという特典を提供する。

 買い物客は、Google Checkoutのログインアカウントをまだ作成していない場合には、小売業者のサイトでアカウントを作ることができる。買い物客は、自分の取り引き履歴を参照することもでき、また、Google Checkoutの主要なライバルである「Paypal」と同様に、同サービスを利用することにより、オンライン小売業者に直接クレジットカード情報を提供する必要がなくなる。

 EKM Systems、Imano、ChannelAdvisorなどのいくつかのEコマースプロバイダが、自社のプラットフォームにGoogle Checkoutを統合しているが、そのうちの数社はPayPalとも同様の契約を結んでいる。

 PayPalを傘下とするオンラインオークションサイト「eBay」は2006年、同サイトのユーザーがGoogle Checkoutを用いて商品を販売することを禁止した。PayPalを守ることだけがその理由だと多くの人々が主張したが、eBayは、Google Checkoutやほかの決済システムが、eBayの厳格な基準を満たさないことがその理由であると主張した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加