logo

SNSが中古車市場を変える?--「中抜き」の個人間取引に挑むトロイカ

永井美智子(編集部)2007年04月09日 20時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乗っていた車を売りに出したいとき、ぱっと頭に浮かぶのはその自動車を購入した販売店の店員の笑顔か、もしくは中古車販売店の広告だろう。しかしこのサービスを使えば、顔も知らないあなたの車のファンに真っ先にコンタクトを取れることになりそうだ。

 中古車販売代理業を営むトロイカが4月3日に開始した「トロイカ オークション」は、個人間で中古車を売買できるサービスだ。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)機能を搭載し、売り手と買い手がそれぞれの人柄を確認できるほか、売りに出されている自動車の状態を細かく確認できる点が特徴だ。

 ユーザーはまず自分が所有している車と、これから欲しい車を登録する。中古車を購入したいユーザーは、サイトに登録されているほかのユーザーの所有車の中から気に入ったものを選び、その車の持ち主に対してリンク申請をする。承認されれば、その人のページに「ビッダーズ」という購入希望者として表示される仕組みだ。逆に、自分のページにはその車の所有者が「ウォッチリスト」として登録される。

 車が売り出し中でなくてもリンク申請は可能。逆に、車を持っているユーザーは、購入希望者が集まってきてからその車を売却するかどうかを検討できる。

070409_troica3.gif トロイカ オークションの画面。右側に車の購入希望者や自分がウォッチしている車の所有者が表示される

「中古車市場をITで変える」

 このサービスを運営するトロイカは、2006年2月に設立されたベンチャー企業だ。中古車販売企業やインターネット関連企業での勤務経験を持つ代表取締役社長の大橋賢治氏は「中古車市場をITで変えたいと考えた」と話す。

 これまではカーオーク.jpという中古車オークションサービスを提供していたが、これは業者向けのオークションの価格を公開して、個人ユーザーでも参加できるようにしたものだった。「他社に依存したビジネスモデルのため、非常に不安定だった。たとえば、中古車の写真を使いたくても、著作権違反で訴えられてしまう。そこで、自社で市場を持つべきだと考えた」

トロイカの大橋賢治氏 大橋氏は、SNSは個人間取引に向いた仕組みと話す

 トロイカ オークションの場合、サイトに登録された車はすべて「在庫」になる。ユーザーは売る予定のない車であっても、自分の車をアピールする場としてトロイカ オークションに登録し、売りたいと思った時期に自分の車をウォッチリストに登録したほかのユーザーに売ればいい。つまり、今は誰かの車として走っている自動車が、すべて潜在的な商品になっているのだ。「中古車の共有在庫がSNS上に常にあると思ってもらえればいい」

「整備手帳」と第三者の査定で安心感を提供

 自動車の個人間取引はYahoo!オークションなどの他社サービスでも行われているが、自動車の状態は命に関わるものだけに、買い手は売買に対して慎重になる。しかし、自動車の整備状況などの情報は売り手が自己申告した情報に頼るしかない。このため、実際に現物を見ないで購入することへの抵抗は強い。たとえばgooリサーチ上で行われた調査では、インターネットオークションでの中古車購入経験者は4%未満にとどまるという結果がでている。

 そこでトロイカでは、2つの方法で買い手がその車の状態を判断できるようにした。まず1つめは、売り手が日々記録する「整備手帳」だ。車のオイル交換や、点検、修理、改造、パーツ交換などの記録を文章や写真で残せるというもの。こまめに整備している人にとっては、自分の車の状態の良さをアピールする場になる。整備手帳は車の持ち主が変わった後も受け継がれるため、その車の整備状況に関する履歴はずっと残るという。

 もう1つは、第三者が自動車の状態を必ず査定する「トロイカ査定」という制度だ。トロイカが提携した全国の自動車整備工場で、内外装の状態やエンジンの点検といった査定を受け、その情報を公開しないと車を販売できない。これにより、ユーザーの自己申告だけでない客観的な情報を買い手が把握できるようになる。現在全国800店の整備工場と提携しており、今後も提携先を拡大する考えだ。

 決済はトロイカが仲介し、車が納品されたことを確認して売り手に支払う。これにより、「車を送ったのに料金が支払われない」といったトラブルが起こることを防ぐ。また、車の受け渡しは整備工場を通じて行うという。

改造車もファンがいれば高く売れる

-PR-企画特集